このページはJavascriptを使用しています

infomationinfomation

infomationセスナについて

セスナについて
当社は昭和47年4月1日に現在セスナビルがある荘園町に誕生しました。
薬局を営業することを目的に資本金300万円でスタートし、薬と化粧品の売り場を二等分する平屋の店舗を建設しました。

この建物は、丁度現在のセスナビルがある前面駐車場の位置になります。そしてすぐに増資を繰り返し、本社を別府市北浜へ移転し、セスナ銀座薬局、セスナ富士見薬局、セスナ大学通薬局を開局しました。今では調剤をする薬局と言っても当然みたいですが、当時はほとんど処方箋はありませんでした。その中で、富士見のリンドバーグ医院が処方箋に踏み切りそれを応需しました。

その後寝具販売の寝装部を設立し、店舗を大学通に建て、教育事業部も設立して塾もスタートさせました。社会に役立つ理念の元、飲食部も作りましたが、現在では基本の「調剤」「医薬品店頭販売」「高級化粧品」の3部門だけに戻っています。  

薬局としては非常に珍しく早くから電算化に取り組みました。昭和56年(1981)第1次電算化スタートし、第2次、第3次修了させ昭和58年に念願の本社ビルを現在地の荘園町に竣工させ、本社を再移転しました。その後電算化を繰り返しながら平成4年に餅ヶ浜町に「セスナドラッグ餅ヶ浜」を竣工しました。若草町に調剤専門薬局を開局しましたが、現在店舗は荘園、銀座、餅ヶ浜の3店舗です。調剤は荘園店に集中して行っています。